東京華僑総会/㈱華聯旅行社


 お知らせ 


中国ビザ(査証)申請について

華聯(カレン)旅行社にて、中国ビザ(査証)取得の申請代行が可能です
申請の際には、中国ビザセンターサイトにてビザのオンライン申請用紙を作成後に、印刷して必要書類と一緒にお持ちください
中国ビザの申請についての案内は、華聯旅行社のビザ申請のページをご覧ください⇒華聯旅行社・中国ビザ申請


中国ビザ申請用紙について

中国ビザセンターのホームページの変更に伴い、ビザの申請用紙も変更となりますのでご注意ください!
当社へのお持ち込みは、2024年5月22日までにお持ち込みのお客様は旧申請用紙をご使用できます
2024年5月23日以降にお持ち込みのお客様は、新しい申請用紙となります

「オンライン申請用紙」作成は下のリンク先(外部リンク)から
新申請用紙⇒中国ビザセンター(東京)新サイト  2024年5月23日以降持込、または5月27日以降に本申請の方
旧申請用紙⇒中国ビザセンター(東京) 旧サイト  2024年5月22日よりに前に持込で、5月24日前に本申請の方



弊社では東京の管轄の申請代行を受け付け出来ます

(東京管轄:東京、神奈川、千葉、埼玉、長野、山梨、静岡、群馬、栃木、茨城)


 尚、現在「旅行証」「香港ビザ」の代行サービスは出来なくなり、弊社では取り扱っておりません
 「旅行証」「香港ビザ」については、管轄する中国大使館領事部または、各総領事館にお問い合わせください
Non-Japanese nationals who do not possess a Japanese residence card cannot apply for a Chinese visa through our company.
 申請書類の記入と招聘状の内容の要求が大変細かくなっております。不備があった場合は書類を一度返却しますので、全ての書類を揃えてから再度申請にお越しください



アポスティーユ業務への変更のお知らせ(中国大使館の認証業務停止)

中国が「外国公文書の認証を不要とする条約(ハーグ条約)」(以下、条約)に締約したことにより、2023年11月7日より、中国大使館における領事認証業務が停止されます
2023年11月7日より、中国で日本が発行する<条約>範囲内の公文書に対しては、<条約>に基づく付箋(アポスティーユ)を取得して、中国国内で使用してください
中国大使館の通知⇒中国の<外国公文書の認証を不要とする条約>締約に伴う大使館における領事認証業務停止のお知らせ


アポスティーユの代行業務につきましては、アポスティーユのページをご覧ください
アポスティーユ



〇 中国パスポートの更新(ご本人様で申請)
  (10歳未満の子供のパスポート申請、旅行証の申請、香港パスポートの申請も含む)

→ご本人様が「中国領事」スマートフォンアプリ(APP)より手続き申請
案内ページ


 個別のお問い合わせは:中国大使館領事部(場所:五反田)まで
 ▷リンク先 中国駐日本大使館(連絡先は大使館サイトの下の欄に記載)



2023.11.9更新


 催事予定 


中国語教室オンライン授業

毎週日曜日午前
3歳から15歳までの華僑華人の子弟を対象
時間:小班(0基礎) 午前11時~(40分)
   中班(簡単中文会話) 午前10時~11時
   大班(文章朗読、一般会話、ピンイン)午前11時~12時
《備考》参加料:基本無料 



合唱会(東京華僑婦女会)

毎月二回
午後2時より
場所:東京華僑会館(ホール)
《備考》参加費:月1000円



東京票房(京劇倶楽部)練習公開
(不定期・休止中)

再開時期:未定
時間:午後2時~、場所:会館8階
《備考》自由見学可



カラオケ倶楽部
(休止中)

時間:午後5時~8時、場所:会館8階
《備考》華僑華人対象、参加費500円(軽食・飲み物付き)、途中参加・途中退出自由



各「メニュー」をクリックすると、詳細が表示されます。 
2023.10.31更新

ページトップへ戻る


東京華僑会館外観
一般社団法人 東京華僑総会
業務内容 公的証明書のアポスティーユ取得代行(中国用)
住  所 〒104-0061
東京都中央区銀座8-2-12
東京華僑会館6階
電 話 03-3571-7611
FAX 03-3572-9657
業務時間 平日 9:30~17:30
定休日:土日祝日
株式会社 華聯旅行社
業務内容 中国ビザ取得等
住  所 〒104-0061
東京都中央区銀座8-2-12
東京華僑会館6階
電 話 03-3571-1132
FAX 03-3574-7315
業務時間 平日 9:30~17:30
定休日:土日祝日

ページトップへ戻る