証明書



親族関係公証書(帰化申請用)
料金 ¥8,000−

申請人
  1)結婚されていない場合
  @住民票 1通

  Aパスポート顔写真ページのコピー
   (パスポートの延期をしたことがある場合は、その旨記載のあるページも)
    ※すでに国籍証明書を取得された方は、全員分の国籍証明書のコピー添付してください。
      所持していないあるいは有効期限が切れている場合は、新たにパスポートを作り直してからの申請となります。

  B親の結婚証または結婚受理書について
   1)両親が他界されている場合        ⇒ 必要なし
   2)両親どちらかが他界されいている場合 ⇒ 必要
   3)両親が生存されている場合        ⇒ 必要

  C両親が離婚されている場合は、離婚書または離婚受理書

  2)結婚している場合
  @住民票 1通

  Aパスポート顔写真ページのコピー
   (パスポートの延期をしたことがある場合は、その旨記載のあるページも)
    ※すでに国籍証明書を取得された方は、全員分の国籍証明書のコピー添付してください
      所持していないあるいは有効期限が切れている場合は、新たにパスポートを作り直してからの申請となります。

  B結婚証または結婚受理書

関係人
 T)中国籍の方
   @住民票 各自1通ずつ

   A出生に関する証明書 各自1通(配偶者を除く)
      中国生まれの方:出生公証書or出生医学証明書(コピー)
       日本生まれの方:出生届or出生受理証明書 

 U)日本籍の方
   @戸籍謄本(全部事項証明書) 各自1通ずつ

   A住民票 各自1通ずつ

   B出生に関する証明書 各自1通(配偶者を除く)
      中国生まれの方:出生公証書or出生医学証明書(コピー)
       日本生まれの方:出生届or出生受理証明書 


  @委託書

注意事項
 ・申請人の在留資格が「観光」「短期」等の方は当会では代行できません。
 ・証明書は中文で発行されます、弊会で日文訳を作成いたします。
 ・18歳未満の方は、申請人にすることはできません。
 ・書類の有効期限に御注意ください。
    日本の役所から発行された資料は発行日から3ヶ月以内の物
    中国の役所から発行された資料は発効日から6ヶ月以内の物
 ・資料は、必ず原本(結婚証・出生医学証明書を除く)が必要になります。
 ・申請人が子供の場合・家族構成によっては追加資料が必要となります。